印鑑を激安で作る方法を紹介します

印鑑は日本人にとってたいへんなじみのあるものです。また日頃からこの印鑑は、日常生活の中に深く浸透しています。印鑑がなければ賃貸住宅も契約できませんし学校に入学するときにも必要になります。印鑑のルーツは古代メソポタミアとされている説が有力で、シルクロードを渡り中国から伝来してきました。現在では手書きのサインや指紋認証など、固体識別方法を使った形が多くなっています。しかし日本古来の伝統文化である印鑑は、おいそれとは廃れません。いまだ印鑑の文化は根強く残っています。印鑑には数多くの種類がありますが、手彫りの銀行印や実印などはかなり高額なものが多くなっています。そのような日常生活になくてはならない印鑑について、激安で購入する方法を考えていきます。

印鑑自体の材質を検討しましょう

ご存知のように印鑑にはいろいろな材質があります。木製であれば、柘(ツゲ)や楓(カエデ)、黒檀(こくたん)などの種類があります。また新しい素材としては、彩華(さいか)なども使用されています。また黒水牛や牛角などは文字の通り牛の角から作られた印鑑です。激安で印鑑を作ろうとするならば、主に木製のもののほうが価格は安くなっています。ただ安いから質が悪いだろうというものではなく、木製は粘りがあり捺印性に優れている面があります。また手彫りをするならば加工性も良好です。また先に紹介した彩華は真樺材と新開発の樹脂であるフェノールレンジを結合させ、高温で処理した材質ですので、高い耐久性を持っています。ひびや割れにも強く、たくさんの人たちに使用されていますので、まずは木製の素材を中心に検討しましょう。

彫刻の方法を確認し選択しましょう

印鑑の製作方法には完全な手彫りと準機械仕上げ、また文字入れを含んだ機械加工の方法があります。当然完全な手彫り方法であれば、非常に緻密な仕上がりになりますし芸術性も高くなっています。ただその製作時間がかなりかかりますので、コストは高くなってしまいます。準機械仕上げは、印鑑自体の粗削りを機械でやってしまいます。この部分は加工に時間がかかりますので、単純な加工部分を機械に任せるのです。そのあとの文字入れなどの工程を手作業せ行います。しかし一番激安な方法になると、すべてを機械加工で行う方法です。文字についてもパソコンで入力した文字を機械で加工しますので、人手もあまりかかりません。完全な手彫りのものと比べると、どうしても機械加工の印象がぬぐえませんが、これが一番激安で購入するポイントになります。それを確認したうえで、激安な印鑑を検討していきましょう。